読んどく?積んどく?

積んどいた読んどいた本?読んどいた積んどいた本?

宇喜多の捨て嫁

宇喜多直家が主人公の小説って初めて読んだ。

宇喜多直家の暗い影のイメージ(自分だけ?)を上手く生かした小説って感じか。

宇喜多の捨て嫁 (文春文庫)

宇喜多の捨て嫁 (文春文庫)

 

ロスジェネの逆襲

そして半沢直樹シリーズの三作目も読破。

私も世代的にはこのロスジェネ世代だけど、こういう感覚はあんまないなー。

ロスジェネの逆襲 (文春文庫)

ロスジェネの逆襲 (文春文庫)

 

オレたち花のバブル組

これまで一作目しか読んでなかったんだけど、この巻もガッチャンコしたのが、ドラマの「半沢直樹」だったのね。

いや、銀行ってホントのとこどうなのよ。

オレたち花のバブル組 (文春文庫)

オレたち花のバブル組 (文春文庫)

 

オレたちバブル入行組(再読)

これも、冒頭読むまで内容忘れてた。

銀行ってホントこんな感じなんだったら、いやーな組織よね。

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

オレたちバブル入行組 (文春文庫)